atama plus株式会社
2018/04/24 更新

創業9ヶ月で5億円調達。常識ではなく本質に向き合うUXデザイナー募集

事業内容

AIを使って子どもたちを最短で「わかる!」へと導く

atama plus株式会社は、AIを使って子どもたちを最短で「わかる!」へと導くアダプティブラーニングサービスを提供する、EdTechのスタートアップです。

生徒一人ひとりの「得意」「苦手」「集中状態」「忘却度」など、すべてをAIがリアルタイムに分析し、世界にひとつのオーダーメイドレッスンをお届けします。必要な箇所を必要な量だけ学び、気がつけば苦手ゼロへと辿り着く画期的なサービスです。

教育事業者を中心とした多くの企業と提携しており、創業9ヶ月目の2018年1月にはDCMベンチャーズより5億円の資金調達を行いました。新しいメンバーも増え、ますます成長を加速させています。

事業の特徴

人工知能 教育 スマートフォンアプリ

なぜやるのか

昔ながらの「勉強」を最短に、成長を最大に

海外のビジネスシーンで痛感したのは、世界のビジネスシーンで認められ、活躍する日本人が少ないということ。背景にあるのは日本人のプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力の未熟さです。
せっかくの高い基礎学力も、それを活用してアウトプットする能力の不足で上手く発揮されず、機会損失に繋がる現場を数多く目の当たりにしてきました。

子どもたちが今後の社会で活躍するために必要な力を養う時間を増やしたい。そのためにまずはatama plusのプロダクトで基礎学力の習得にかかる時間を半減させ、時間を生み出します。クラス全員が同じ黒板を見る授業では不可能だった、一人ひとりに寄り添う学習を実現します。

仕事内容

子供たちの「学び」という体験をデザインする

子供たちの「学び」という体験全体ををデザインするのが仕事です。
プロダクトはもちろん、学習中の環境を含めて包括的に考え、時には文具に関するアイディアを出したり、学習方法を紹介する動画を設計したりと業務範囲は多岐にわたります。

デザイナーもユーザーとの距離を近く保つことを大事にしており、毎週のように生徒が実際に使っている様子を見に行き、フィードバックをもらいながらプロダクトを成長させています。
これからどんどん新機能をリリースしていく予定なので、ゼロべースで考えてデザインを作っていく機会がたくさんあります。

チームについて

少人数の、本音で話し合えるチーム

代表の稲田がプロダクトオーナーとして立つ少人数のチームです。
外部に委託せず、全員社員でフルタイムでコミットしています。

仕事のやり方としては、その時々で会話・議論をすることを大切にしながら進めています。
開発メンバー、ビジネスチームとも密にやり取りがあり、全員一丸となって目標に向かっています。
ちなみに、毎日一緒にランチするなど本当に仲の良いチームです!

メンバー

5ac488a3 f3ef 4646 a499 159f1c604c97
林田 智樹
大学院卒業後、リクルートホールディングスに入社。 UI/UXの専門組織でUXデザイナーとして、主に新卒採用メディアのUI/UX改善を担当。 サービス提供開始以来10年振りとなる大規模エンハンスに1年目から従事し、トップページを含む主要20画面の流入分析、情報設計、要件定義を担当。 昨対で150%を上回るアクション創出に貢献。その後は主にCRM改善として、メールオートメーションシステムの導入や時期ごとのカスタマーニーズに合わせたコンテンツを企画・推進。 2年目からは社内UI/UX人材の育成支援システムの構築にも携わる。

ワークスタイル

Agile開発、コアタイムなしのスーパーフレックス

Agile開発のScrumを採用していて、週に1度のWeekly Meetingと毎朝10時半からのDaily Meetingで皆で顔を合わせて方針の共有を図っています。それ以外はコアタイムなしのスーパーフレックスなので、皆思い思いのスタイルで勤務しています。

求人概要

企業情報

企業名 atama plus株式会社
所在地 東京都中央区日本橋人形町3-2-5
代表者名 代表取締役 稲田 大輔
設立 2017年04月
企業サイト http://www.atama.plus/
従業員数 16人
特徴 服装自由 自社サービス製品あり ストックオプション制度あり 転勤なし 平均年齢30代

募集概要

UXデザイナー
400万円 〜 600万円
東京都

この求人が気になったら

Jobs milkman
会員登録をすることで、この求人に応募ができます。

ページ内リンク